ア行

アチューンメント

レイキが流れるように回路を開くこと。

人間と自然とが乖離してしまったとはよく言われますが、レイキを通す回路も、自然と遠ざかる課程で、ほとんど閉じられてしまいました。その回路を開く作業がアチューンメントです。

アチューンメント後は、レイキがよく流れるようになります。たとえ勝手に流れるものであっても、パイプが太い方がより効果が出ますので、そのパイプを太くするために、レイキを日々使うことが必要です。

アチューンメントと靈授の違いについてはこちらをご確認ください。

アファメーション

願望達成したい事柄を、「~したい」ではなく、
「良い成績が取れました」のように、「~した」と使うか、
「希望のコースが取れて、満足しています」のように、「~しています」といったように、肯定的に断言をする事で、目標達成や潜在能力開発に、効果があるとされています。

臼井 甕男(うすい みかお)

現在レイキとして世界中に広まっている手当て療法を中心とした民間療法の一種「臼井靈氣療法」(臼井霊気療法)の創始者(用語集肇祖)。
1865年8月15日 – 1926年3月9日 (Wikipedia 一部改)
こちら「LinkIconレイキの歴史」もご参照下さい。

遠隔レイキ

レベル2になると、相手に手を触れなくてもレイキを使えるようになります。用語集シンボル用語集マントラの助けを借りて、隣の部屋にいる人、遠くに住む親戚にも、レイキを送れるようになる、これを「遠隔レイキ」といいます。他人だけでなく、自分自身にも送れます。背中、足先、口の中、内臓など手が届かない部分にレイキができて便利です。こちらのQ&A「LinkIcon遠隔が出来ません」もご参照下さい。

オーラ

体を取り巻くエナジーフィールドのこと。用語集チャクラを通じて、精神と肉体に相互作用する。中国の「気(Qi)」やインドの「プラナ(Prana)」と同一視されている。

 

Pin It on Pinterest

Share This