受講者の声

西洋レイキをレベル3まで受講して一年以上経っておりましたが、このたび、柚木さんより、直接直傳靈氣の「手当」を行っていただいたところ、とても強力で、なおかつ、使命のような強いエネルギーを感じる機会に恵まれ、幸福な直傳靈氣との出会いをはたしました。柚木さんとのご縁にて、直傳靈氣受講、靈授いただきました。直傳靈氣の祖、臼井甕男先生からの流れ、歴史。西洋で習っていたものとはまた、違う運命の流れを、興味深く教えていただき、現代の私まで繋がってきてくれたことに、感動いたしました。また、五戒奉唱はとてもパワフルで、その場のエネルギーが変わるなど、興味深い体験もさせていただきました。自分の感覚も、鋭敏になり、ますます理解が深まりました。靈授では、頭から入るとても強いエネルギーも感じることができ、直傳靈氣の靈授を受けることに、感慨深いものを感じ、脈々と受け継がれてきた重々しい波動が、大切に使っていく使命感を思い起こさせました。医療従事者という立場に恵まれ、ますますその体験を深くして行く機会に感謝し、靈氣と病気の方の架け橋になれることをうれしく思います。(KKさん)
傳靈氣は素晴らしいというお勧めを受け2011年10月に受講しました。実は受講の前に一度体験させて頂いたのですが、私はエネルギーに鈍感なのにもかかわらず、その時以降自分の身体の中に新たなエネルギーが流れているのを感じる時があり、これは本当に素晴らしいものなのだと思い受講を決心しました。講義では、靈の字の成り立ちを教えて頂いたり、又お若い方なのにも拘らず、教本に書かれていることに加えて、古神道について、靈氣に流れる日本らしさについてなど色々と教えて頂き、直傳靈氣に対する理解が深まったと共に、知識も増え、大変良い学びとなりました。この素晴らしいエネルギーを、日々の生活の中で活用出来ているのかというと反省ばかりですが、家族にも良い影響が出ているのを感じ、直傳靈氣は一生の宝と成りうるものだと思い感謝しております。(UAさん)
は西洋レイキをやっていましたが、先生のお話をお聞きしてから、直傳靈氣に興味を持ち、セミナーを受けることになりました。前期セミナーは靈氣の歴史や臼井先生のことなど、意味深い内容で改めて靈氣の良さを知りました。靈授を受けた時は頭がくらくらして、身体が熱くなりエネルギーの流れを感じました。西洋レイキの時は何も感じなかったので、直伝靈氣は強いものだと思いました。手の感覚も今までよりも敏感になり、自分にあててみると熱い靈氣が身体に真っ直ぐ入っていく感じがして、直伝靈氣はエネルギーがとても強いものだと実感できました。それからは人に靈氣をすると、以前に比べてずっと強くなったと言われるようになりました。直伝靈氣を受講して本当に良かったです。この出会いを下さった柚木先生に感謝いたします。ありがとうございました。(RSさん)
は器械体操部に所属しています。セミナーを受けて直傳靈氣をできるようになってからは、練習中に捻挫してもすぐに手をあてることで腫れずに済み、病院に行かなくても数日で治ってしまうようになりました。腰痛など、調子の悪いところも、自分の出番以外はずっと手をあてていることができるし、家や通学の途中など、手さえあればいくらでも直傳靈氣で癒すことができるので、病院に行くことは全くなくなりました。 友達は、怪我をしても、病院に行くまでは冷やす程度のことしかできず、長い待ち時間の間もただ待つ以外は何もできないし、やっと先生に診てもらえても数分で終わりです。その通院ですら、週に何度かしか行くことはできません。病院に行くために多くの時間とエネルギーはかけますが、自分の不調に対しては湿布程度しかできることはなく、一度怪我をすると、治るまでには長い時間がかかりますし、それが当たり前のことと思っています。 それから、セミナーで、山口忠夫先生も予防接種を受けたことがないとおっしゃっていたということを聞きました。私も予防接種を受けたことがほとんどありません。オーストラリアの修学旅行前に強制的にインフルエンザの予防接種を受けましたが、それ以外は受けませんでした。友達は病気が「怖い」と言います。でも私には靈氣があるので「怖い」と思ったことはありません。以前にインフルエンザになった時にも母の靈氣だけで治りました。その時には38度くらいの熱が3日出ましたがずっと靈氣していたので、咳も鼻水もほとんど出ませんでした。熱が下がってからやっと鼻水が大量に出て、治ってしまいました。とても楽に浄化が起きたのだと思います。何事も、早め早めに、母や兄や叔母などみんなで手を当てあえば必ず良くなります。セミナーでも、山口千代子先生はたった一人で靈氣していたわけではなく、お姉さんや親類の人たちとみんなで靈氣していたと習いました。靈授のときには、背中がとても痛みましたが、それは普段から負担のかかる背骨に靈氣がたくさん流れたために細胞が活性化したせいだと教わりました。治っていく力が流れるなんて靈授はすごいと思いました。せっかくセミナーを受けたので、これからも必要な時にはいつでもみんなで直傳靈氣を使って、健康を大切にしていきたいと思います。(HNさん)
は、看護師をしております。以前より西洋レイキを学んでおり、レイキを何気なく仕事に役立てておりました。しかし、柚木さんから、直傳靈氣のお話や手を当てていただいた時のパワーの違いを感じ、即学んでみたいとお願いしました。講義の時は、臼井先生の歴史など初めて聞くことばかりでとても興味深く拝聴しました。また、初めて受けた靈授は閃光が走ったのかと思うほどの熱感と光を感じました。五戒のことは、知っていてもそれほど重要とも思っていませんでしたが、毎朝唱えて過ごすことで自分の意識も変わりイライラすることも少なく仕事に望めていることにも驚きを感じました。血液交換法を、初めて受けたときは、起き上がり自分の体の軽ささえ感じました。マッサージなどで味わう気持ちよさとは、全く違う気持ちよさを感じました。柚木さんは、西洋レイキで満足せず直傳靈氣ご自身が学ぶことで私たちに教えてくださったことに感謝しております。仕事においては、今まで以上に患者様に温かくて気持ちの良い手と感謝されております。しかし、これで満足せず日々精進していかなければと思っております。柚木さんには、これからもご指導を仰いでいきたいと思っております。(FSさん)
を合わせ、五戒を奉唱し終わった時、自然と背筋が伸び心が洗礼されたような気持ちになりました。まるで、軌道修正されたような感じです。一回二回と靈授を重ねるごとに自分から出る靈氣を強く感じたのを覚えています。西洋レイキが柔らかいエネルギーだとしたら、直傳靈氣は、力強く真っ直ぐに入っていく感覚がします。相手の方に手を当て暫くすると、少し温感が感じられ次第に熱くなる感覚、病腺の波も感じた時は驚きました。そして、血液交換法をしてもらった後は体がすっきりしリフレッシュできます。血液交換法はデトックスに似た感じがします。靈氣は、凝視法、呼気法もできる。まさに、身体のあらゆるところから出ている。薬と違って副作用もなく、安全な治療法であり、これからの統合医療に必要なものだと確信します。多くの人に体験、又、学んでほしいと思います。直傳靈氣は、今のこの時代だからこそ、なくしてはならないものだと思います。 (NYさん)
傅前期靈氣セミナーの講義内容はとても興味深く、自分の宝になる素晴らしいものでした。日本人が、脈々と使ってきた「言霊」の大切さ、食や環境の大切さ等子どもにも伝えていかなければと思いました。靈授をしていただいた時、頭頂部がビリビリし引っ張られるような感覚と「そのままの自分で良いんだよ」という安心感が体を包み込み、それは幼い頃母の横で添い寝をしていた時の感覚に近いものでした。靈授後の靈氣回しでは自分の手が靈授前と変化し熱くなっていることに驚きました。 靈氣実習をしていただけたことで、相手の方からの感想が聞け自信がついたのと、自宅に帰ってからもすぐ靈氣療法を施術することができました。柚木先生はこちらからの質問に対して親切・丁寧・わかりやすく説明してくださり、安心してセミナーを受講することができました。我が家にとって靈氣療法は家族のコミュニケーションの形にもなっており、毎日施術させていただいております。(YNさん)
番印象に残ったことは、五戒です。五戒の内容も大切ですが、五戒の音そのものにも力があるというのは衝撃的でした。日本語には「言霊」という単語があります。知識として「言霊」という単語は知っていましたが、普段意識することのない単語です。病気になった時に手を当てるといったこと以外にも、毎日五戒を唱えることで、「今日だけは」五戒全部でなくとも、せめて、一つだけでも実行できれば、心豊かな生活が送れると思います。直傳靈氣は、体だけでなく、心も豊かにしてくれるものだと、強く思いました。(HMさん)
は、直傳靈氣の前に西洋レイキを受講していたため、西洋との違いを感じた点に一番驚きがあります。靈授を受けた段階ではその違いを自分自身が感じることはありませんでしたが、その後、周りの方に靈氣を施す際、受けた側の方から強くなったと言われました。座学においては、西洋レイキ時に教わった靈氣の基礎を含め、改めて基本を学べる講座であったこと、柚木さんが具体的な例をお話しくださることで、よりわかりやすく、深く理解できたと思います。西洋レイキもマスターされている柚木さんだからこそ、西洋レイキと直傳靈氣の違いについても教えていただき、私の質問にも丁寧にお答えいただきました。 今後も師として、実践を交えながら色々と学ばせていただきたいです。どうもありがとうございました。(YNさん)
授を受けた時の衝撃は忘れられません。 太い木の幹の中にいるような感じ、目を閉じているのに深い緑色に包まれ、それがふわっとした風を感じるとともに澄んだ水辺にいるような感覚に変化しました。二度目の靈授では大きな金色の輪が頭頂部から身体の中に入ってくるようなエネルギーのようなものを感じました。直傳靈氣のエネルギーは純粋でパワフルで、患部にダイレクトに浸透しました。セミナーでは言葉の力についても教えられました。「靈」という文字の意味も含め、五戒を唱えることの大切さも丁寧に教えていただきました。この「直傳靈氣」というものを日常生活で使い続け、そして次世代の人に途切れることなく伝えていきたい、そう思った体験でした。ありがとうございました。(TTさん)

 

Pin It on Pinterest

Share This